安心葬儀  いい葬儀  世界の葬儀のことなら 安心葬儀ワールドへ!

    タイトル(安心葬儀のワールド)



 
 

 

 
 

葬儀の種類



◆ 葬儀の種類 ◆
 


  自分らしい葬儀をしたい、故人らしい葬儀をしたい

多くの人がそう思うのではないでしょうか。

また、特別な葬儀をしたいというわけではなくても

一体、葬儀にはどんな種類があるのか、あらかじめ知識を持ってから

葬儀社と話をすれば、自分達の希望を伝えやすいでしょう。

◆「葬儀」、「告別式」

本来、「葬儀」と「告別式」は別のものですが、現在では一つの流れの中で行われることの方が多いようです。「葬儀」は故人の魂を送るために行われる宗教的な儀式です。一方、「告別式」は、友人や知人が故人と最後のお別れをする社会的な式典です。また最近では、葬儀よりも「通夜」の方が会葬者が多くなるという逆転現象も増えてきています。一般の葬儀、告別式を行う場合にも、祭壇の飾りつけや流す音楽に工夫をしたり、ビデオや記念コーナーを設置するなどして、故人の個性を表現することも最近は行われています。東京や埼玉によっても葬儀の内容は少なからず変わってきますので、事前に情報を調べることは必要です。

 

◆「社葬」、「個人葬」

会社の社長や会長などが亡くなった時や、社員が殉職した時などに会社が主催して行うの葬儀が「社葬」です。これに対して、会社ではなく遺族が主催して行う一般的な葬儀が「個人葬」です。遺族と会社が合同で行う場合は「合同葬」と言います。また、葬儀は会社以外の団体が主催することもあり、これらは総称して「団体葬」と言います。

 

◆ 「密葬」、「家族葬」

「密葬」と「家族葬」はどちらも主に親族や親しい者だけで行う葬儀ですが、別のものです。「密葬」は「本葬」とセットで行う葬儀です。故人が有名人であったり、社葬など、多くの会葬者がいる場合には、まず親族や親しい者だけで葬儀を行うことがありますが、これを「密葬」と呼びます。そして後日、一般の参列者を招いた「本葬」を行います。

これに対して、「家族葬」は単独で行う葬儀です。家族や親しい友人など少人数で行います。「家族葬」を行う場合、会葬者だけでなく、他の方々へも、失礼のないようにお知らせをして、弔問・供花・香典などの辞退をする必要があります。

一般には葬儀の後に火葬を行いますが、火葬の後で葬儀を行う地域もあります。これを「骨葬」と呼びます。「密葬」後に火葬にふして、「本葬」は「骨葬」として行うこともあります。

TOP

◆ 「仏式葬儀」、「キリスト教葬儀」、「神式葬儀」

「葬儀」はどの宗教で行うかによって「仏式葬儀」、「キリスト教葬儀」
「神式葬儀」など様々な形式があります。また、創価学会は僧侶なしの「同志葬(友人葬)」を行います。各新興宗教にもそれぞれの形式があります。

TOP

◆市民葬・区民葬(自治体葬・規格葬)

 各種の自治体が、提供している低価格で簡素な葬儀です。しかし一般に、福祉ではなく、補助金が出ているわけではありません。自治体自身が施行を行うところもありますが、大抵は提携する一般の葬儀社が施行します。亡くなった方か喪主が自治体に住んでいる場合に行えます。

TOP

◆「直葬」(葬儀をしない、火葬のみ)

葬儀を行うことには法的な義務はありませんので、葬儀をしないことも可能です。葬儀をしない場合も、亡くなった場所からの搬送、納棺安置、死亡診断書の提出と火葬埋葬許可書の取得、火葬が必要です。ですから、葬儀社への依頼が必要になり、費用もかかります。この場合、身内だけで火葬に臨みますが、火葬時に僧侶にお経をあげていただくこともできます。このような葬儀を「直葬」と呼ぶこともあります。この形を選ぶ人が増えてきています。

TOP

◆ 「無宗教葬」、「偲ぶ会(お別れ会)」、「ホテル葬」

 宗教者を招かずに、宗教色を抜いた自由な形で行う葬儀を総称して「無宗教葬」と呼びます。葬儀というよりも、告別式、追悼式というべき形式です。焼香の代わりに献花を行い、祭壇には花と遺影を飾り音楽を流すことが多いようです。

無宗教で行う告別式を一般に「偲ぶ会」、「お別れ会」、「友人葬」などと呼びます。「密葬」の後の「本葬」、「社葬」を「偲ぶ会」、「お別れ会」として行うこともあります。「偲ぶ会」、「お別れ会」はホテルやレストランで行うこともあります。ホテルで行う葬儀・告別式は、「ホテル葬」と呼びます。

TOP

◆「自由葬」、「音楽葬」

 従来の葬儀の形式にこだわらずに自由な発想で行う葬儀を「自由葬」、「プロデュース葬」と呼びます。無宗教で行う場合もありますし、そうでない場合もあります。
生演奏やCDなどによって音楽を「献奏」するような、音楽を重視した葬儀を「音楽葬」と呼びます。

TOP

◆ 「自然葬」、「散骨」、「樹木葬」

海や川、山、宇宙などに散骨を行って自然にかえすことを「自然葬」と呼びます。通常の葬儀を行ってから、遺骨の一部を、簡単な儀式と共に散骨することが多いようです。散骨は、扱いのある葬儀社を通して依頼することができます。葬儀の後で、直接散骨専門の業者に依頼することもできます。樹木の生い茂る森の中に、樹木を植えたりして埋葬することを「樹木葬」と呼びます。「樹木葬」が行えるのはあくまでも墓地として登録された場所です。「樹木葬」は葬儀というよりも遺骨を埋葬する墓地の種類です。

TOP

◆「生前葬」

本人が生きているうちに行う葬儀です。まだ、珍しいですが、有名人などにこれを行う人が増えてきています。お世話になった人に自分で直接お別れを言うことができます。「生前葬」を人生の一区切りにして新しい生活を送ろうと考える人もいます。無宗教の「お別れ会」の形式の場合と、宗教的な葬儀を行う場合があります。

TOP


◆最近の傾向◆


時代が変わると共に葬儀の形式や

人々の葬儀に対する考え方もだいぶ

変わってきたように思います

◆家族葬

最近では、家族葬が増えてきました。家族葬は、故人と過ごす最後の時間を大切にしたいという遺族によって行われます。お葬式で遺族は、何もわからないうちにほとんどすべてが終わってしまうということが多いようです。お亡くなりの時からお通夜、お葬式まで、慌ただしい中でほとんどが過ぎていきます。故人とのお別れをじっくりする時間もほとんどないというのが現実です。 それに対して家族葬では、ごくごく親しい人だけで行い、周囲を気にする必要もありませんし、じっくりと故人とお別れをすることができます。 また家族葬を親しい人だけで行い、その後あらためて一般の人を呼ぶお葬式を行うというケースも増えているようです。

TOP

◆伝統にとらわれない自由な形の葬儀

 次にあげられるのが、伝統的なかたちにとらわれないお葬式が増えているということです。お葬式で、故人の好きだった音楽を流したり時には、生演奏を行うケースもあるようです。ロビーに故人のアルバムなどの遺品を展示することも増えてきましたし、プロジェクターを用意して、故人の写真を映すこともあります。祭壇も、以前はほとんどが宮型の白木祭壇だったのですが、最近では、色とりどりの生花でつくられた生花祭壇も増えています。無宗教の「お別れ会」を行うことも多くなった来ました。葬祭ホールではなく、ホテルなどで行われることもあり、より自由なプログラムで行われています。埋葬の仕方にしても散骨を始め、樹木葬、宇宙葬というものまで行われるようになってきました。これまで当たり前と思われてきた多くのことが、自由にアレンジしてもいいと考えられるようになり、こうした変化がもたらされているようです。

TOP

◆費用をあまりかけない

 その一方で余分な費用をあまりかけないという傾向も見られるようになってきました。以前は「人並み以上のお葬式を」という人も多かったのですが、最近では、無駄と思われるものには費用をかけないという合理的な考え方の人が多いことから、こうした傾向になってきたのでしょう。

TOP

◆事前相談

 そして四つ目としてあげられることが、お葬式についての相談を事前に行う人が増えているということです。以前は、事前にお葬式の相談をすることはどこか縁起がわるいような気がするのもあり、ほとんどなされていませんでした。しかし最近では、家族が危篤状態に陥ったり、あるいは医者から先が長くないことを伝えられた時点で、お葬式についての相談をされる方が増えています。

pickup

宴会を盛り上げるパーティーグッズやイベントグッズがいっぱい!

ペンライトなどパーティーグッズを通販
http://www.go-party.jp/

2015/4/23 更新

TOP






 
 
 
Copyright(c)2008 Anshin Sougi All Rights Reserved.