安心葬儀  いい葬儀  世界の葬儀のことなら 安心葬儀ワールドへ!

    タイトル(安心葬儀のワールド)



 
 

 

 


◆ PETの葬儀 ◆
 

 

家族同然に過ごしてきたペットとの突然のお別れ

今まで共に過ごしてきた「大切な友」

その喪失感はとてつもなく大きく辛いものです


現代は環境問題にも積極的に取り組んでいる会社も多くあります。

◆ペットが亡くなったら◆

1.ご遺体を熱くならない場所に安置して下さい。
  あわてずに、ご遺体を涼しい所へ移動して下さい。

2.普段愛用していたシーツや毛布を下に敷いて下さい。

3.時間が経つと下半身より下血する場合がありますのでお尻の下に
ペット用シーツがありましたならば敷いて下さい。無い時はビニール袋の上に新聞紙等を重ねて使用して下さい。

4.手足は突っ張った状態にならない様に折り曲げて下さい。

犬や猫の死後硬直は、我々の予想より早く手足から腹部、頭部といった順序で広がっていきます。遺体を放置しておくと、前、後肢がつっぱったまま硬直してしまい、棺に収まらなくなる可能性があります。ペットがなくなられたら、前、後肢を胸の方へやさしく折り曲げてあげてください。

5.頭部及び腹部に保冷効果の有るものをあててください。
時折、保冷効果を確認して補充をお願いします。

毛並みを整え、まぶたや口を閉じ尻尾を整えておきましょう。お湯で湿らせた布などで、頭部、顔そして全身をやさしく拭き取ります。ご遺体から体液が滲み出す場合がありますので、あらかじめシートを敷いて、口や肛門周辺をガーゼで拭き取ってください。暑い季節は遺体の痛みが早い為、保冷剤をタオルにくるんで腹のあたりにあたるように一緒に入れます。納棺後、バスタオルはビニール袋に入れ処分してください。

まぶたや口を閉じお湯を湿らせた布などで頭部、顔そして全身をやさしく拭き取ります。毛並み、尻尾などをブラシで整えましょう。前、後肢が硬直する前に胸の方へやさしく折り曲げて下さい。

 

◆ペットの祭壇・納棺◆

お通夜のために祭壇を作ります。棺にご遺体を納棺してあげます。ふだん愛用していた物を一緒に入れてあげましょう。遺体を準備して仏花、ローソク、御香や線香を焚いてあげます。お水と好物もお供えしましょう。遺体は生前眠っていたときのように、安らかな姿にしてあげてください。せめて、一夜は見守ってあげたいものです。

○ 写真立てにお気に入りの写真を飾る。

○ 生花・お水・ローソク・お線香

○ お棺(ダンボール)の下にビニールを敷いて、、愛用していた食事の容器など普段通りに置く。

○ 生前 愛用していた物を一緒に飾りましょう。



<個別火葬・お立会い>
遺骨を拾って連れて帰っていただけます。

<個別火葬・お届け>
遺骨を係りの者が拾い、ご自宅までお届け致します。

<合同火葬>
遺骨は全て共同墓地へ埋葬致します。

◆犬が志望した時の手続き◆

犬が死亡した場合、保健所に鑑札及び狂犬病注射票を添え飼い犬登録の抹消手続きをする必要があります。狂犬病にかかった犬、あるいはかかった疑いのある犬またはこれらの犬にかまれた犬については保健所に引き渡さなければなりません。血統書のある犬の場合は、登録団体にも連絡し所定の手続きを取ります。

 

大切なペットとの最期のお別れだからこそ
優しく最高のセレモニーで送ってあげたいですよね

TOP

犬

Last update:2014/11/6

TOP

 



 
 
 
Copyright(c)2008 Anshin Sougi All Rights Reserved.